おしりとともに30年~ 痔の専門家 ~

日本大腸肛門病学会認定施設

日本臨床肛門病学会認定施設

日本消化器内視鏡学会指導施設

短期滞在手術施設認定

痔の種類と治療実績
痔の放置は危険
恥ずかしい診察について
施設名
森谷外科医院
理事長
森谷 行利
住所

〒700-0973

岡山県岡山市北区

下中野717-101

診療科目

肛門外科・大腸外科

消化器内科・麻酔科

電話番号
086-245-3655
駐車場
80台完備

直腸脱について

骨盤臓器脱とは、骨盤内の臓器が下垂して脱出してくる疾患の総称であり、直腸脱・直腸瘤・小腸瘤・子宮脱・膀胱瘤など様々なものがあります。
骨盤臓器(直腸など)は靭帯や膜で支えられており、加齢につれて弱くなったりすることで骨盤臓器脱が生じてきます。
昔からある疾患であり、この骨盤臓器脱で悩んでいる方は非常に多く、全国で数百万人はいると考えられています。ただし、この病気はまだ広く認知されておらず、羞恥心のために我慢している方も数多くいるのが現状ですが、自然に治ることはありません。

 正常
直腸瘤

直腸瘤

小腸瘤

直腸脱の症状

直腸脱の症状として、次のようなものがあります。

  • ピンポン玉のようなものが触れる
  • 股の間になにかはさまった感じ
  • 下腹部が引っ張られる感じ・下がってくる感じ(下垂感)
  • 肛門から腸が大きく脱出してくる
直腸脱は、長時間の歩行・運動の後に悪化しやすくなります。また朝方には何ともないのに、夕方になると症状が気になってくる方が多いようです。

直腸脱の治療

直腸脱は薬では治らないので、手術が必要となります。直腸脱の手術は、おなかを切って行う手術(経腹的手術)と、肛門側から行う手術(経肛門的手術)の二種類に分けられます。
高齢者の場合には、麻酔のリスクが低い経肛門的手術が行われることが大半です。
この経肛門的手術には、状況に応じて適切な方法を使い分ける必要があります。
最近は経腹的手術でも腹腔鏡下直腸吊り下げ固定術という低侵襲手術をよく行っています。

排便注腸造影検査(defecography)

検査の風景

平成28年までの検査実績(607件)

排便注腸造影検査は、造影剤を用いてX線透視下で行われ、写真から診断を行うものです。

内視鏡検査と比較すると、内視鏡では盲点となる腸の走行による屈曲の内側や、癌の粘膜下組織への浸潤による腸管壁の変形・狭窄の程度や長さなどを検索することができます。

また、炎症性腸疾患の診断に必要な腸管の変形や潰瘍の形状を広い視野で確認することができます。さらに、クローン病で特徴的な裂溝形成と呼ばれる貫通性潰瘍も容易に診断することが可能です。

当院の骨盤臓器脱の手術実績

骨盤臓器脱の手術実績                     直腸瘤手術の年次推移