おしりとともに30年~ 痔の専門家 ~

日本大腸肛門病学会認定施設

日本臨床肛門病学会認定施設

日本消化器内視鏡学会指導施設

短期滞在手術施設認定

女性の痔の原因と治療
痔の放置は危険
恥ずかしい診察について
小児・申請時の痔の原因
施設名
森谷外科医院
理事長
森谷 行利
住所

〒700-0973

岡山県岡山市北区

下中野717-101

診療科目

肛門外科・大腸外科

消化器内科・麻酔科

電話番号
086-245-3655
駐車場
80台完備

胃・大腸疾患

胃・大腸疾患について

胃・大腸疾患について

 当院ではポリープ、がん、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸憩室、過敏性腸症候群などの胃・大腸疾患の検査・治療・手術を行っています。 

大腸ポリープとは

 ポリープとは、胃や腸などの内壁にできた、きのこ状やいぼ状の腫瘍の総称で、大腸ポリープは大腸の粘膜にできたポリープのことです。大腸ポリープには、そのまま放置しておいても大丈夫な良性のものや、癌化する恐ろしいものなど、いくつかの種類がありますが、いずれも小さいうちは自覚症状がほとんどありません。大腸ポリープは大腸全体にわたって発生しますが、特に発生しやすい場所はS状結腸と直腸です。

大腸ポリープは、性質の違いによって大きく「腺腫性」「過誤腫性」「過形成性」「炎症性」に分けられています。

腺腫性ポリープ
最も多いポリープで、癌化の危険性が高い
過誤腫性ポリープ
組織奇形の一種で、本来的には良性。
過形成性ポリープ
細胞数の増加に伴って隆起を形成したもので、本来的には良性。
炎症性ポリープ
癌化の可能性はほとんどない炎症性疾患などの後に傷跡のような形で残ったポリープ。

また、その形状の違いから分類すると「有茎性」「無茎性」などがあり、大きさも5mm 以下の小さなものから3cmを超えるものまでさまざまです。
大腸をはじめ、小腸や胃などに100個以上生じたポリープを“消化管ポリポーシス”といい、通常のポリープとは区別して扱います。その多くは遺伝性の病気で、高率で癌化するものもあるため早期での発見が重要です。
大腸ポリープは、40歳代から増えはじめ、年齢が上がるほどできやすくなるといわれており、60歳代になると2人に1人がポリープを持っているとも言われています。 また、女性に比べて男性に多くみられることも特徴です。日本では、大腸ポリープも大腸癌もこの20年間で増加の一途をたどっています。 これは、日本人の食生活が欧米化、つまり動物性脂肪の摂取量が増加し、植物繊維の摂取量が減少したことが原因ではないかと考えられています。

 ポリープ切除 

 内視鏡的粘膜切除術(EMR)

ポリープが⼩さいうちは症状がほとんど出ることはありません。しかし、2cm以上のものになると表⾯が便で擦れて出⾎したり、3cm以上になると腹痛や下痢、お腹が張る、便が出にくいなどの⾃覚症状が出てくることがあります。

大腸ポリープの治療

大腸ポリープの原因はまだはっきりしていませんが、動物性たんぱく質や脂肪の過剰摂取、食物繊維の不足が原因の一つだと考えられています。また、便秘によって大腸内にたまった便が発酵や腐敗を起こすと、それが腸管を刺激し、大腸癌の引き金になるとも言われています。そのため、予防方としては、そのような食生活を改善し、便秘を防ぐよう心掛けることが重要になります。
大腸ポリープが発見された場合は大腸内視鏡検査でのポリープ切除治療が行われます。
たとえ病変部に癌細胞が認められたとしても、非常に早期な癌であれば大腸内視鏡検査で治療が可能です。

ポリープが発見された人はポリープができやすい体質だと考えられますから、治療後も定期的に検査を受けることが重要となります。ポリープができたことのない人も、大腸癌を未然に防ぐためには40歳を超えたら検診などで年に1度は便潜血反応検査を行った方が良いと考えられます。

がんについて

がんは日本人の死因の1位で、その割合は年々増加しています。また、発見が遅れるほど治る確率は低くなり、早めに治療をしても再発する可能性もある、というやっかいな病気です。

人間の体を構成する細胞は、日常生活の中で常に刺激や毒性のある物質にさらされていますが、傷ついた細胞は、自己回復し、元通りになる力があります。
しかし、細胞の持つ回復力をはるかに超えるダメージを受けると、回復できずに細胞自身が正常な働きをしなくなったり別の働きをするようになってしまいます。

体の細胞の一部が変異してできたがん細胞は、ゆっくりと時間をかけて増殖し早期がん、やがて小さな腫瘍や粘膜の変化となって現れます。時間がたつほど増殖のスピードが速くなり、自覚症状を感じるようになります。
また、がん細胞は正常な細胞から栄養分を奪って成長するため、身体は衰弱し、体重が激減します。その後、転移し始めますが、一度転移が起こると他の場所にも次々と転移するようになります。がんが起こった最初の器官(原発巣)はもちろんのこと、転移した先の器官や組織も破壊されるようになり、器官としての機能が衰えてしまいます。身体のあちこちにがん細胞がはびこり、体中の機能が衰えると(末期がん)、やがて生命の維持が困難になります。
※症状や進行は、個人差があり、器官によっても異なります。

がんは、早期に発見して治療を行えば、より高い確率で改善が可能と言われています。しかし、発見が遅れると、見つかったがんを取り除いても、わずかに散って残ったがん細胞が体内に潜伏し、数年後に再発する危険があります。再発後は、1度目に比べてがんの進行が早くなるので、再発しないよう常に注意をする必要があります。生存率も、発見が遅くなるほど低くなります。だからこそ、がんは早期発見が大切です。なるべく若いうちから、定期的に検診を受けることで早期発見につながります。

当院で検査、加療を行うことの多い大腸がんについて、説明いたします。

大腸の構造について

大腸は、主に水分の吸収を行い、便を作る役割を担っています。便の中には食物の残りかすや、はがれ落ちた腸内の細胞、さまざまな細菌が含まれています。

大腸は、全長約1.5m~2m、直径約5~7cm(小腸の2~3倍)で、小腸を時計回りに取り囲むように位置しています。大腸は、盲腸、結腸、直腸に区分され、結腸はさらに上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に分けられます。

大腸がんの発生率は、直腸が34.1%、結腸が65.9%です。
大腸がんの発生率は増加傾向にあり、がんによる死亡数でも胃がんを抜いて第二位になりました。

大腸がんの原因

生活習慣に関わる大腸がんのリスク要因として、運動不足、野菜や果物の摂取不足、肥満、飲酒などが挙げられています。
この20年で大腸がんによる死亡数は1.5倍に拡大していて、生活習慣の欧米化(高脂肪・低繊維食)が関与していると考えられています。
また、大腸がんの家族歴がある方はリスクが増加します。

大腸がんの検査(大腸ポリープの検査にも役立ちます)

大腸がんの検査(大腸ポリープの検査にも役立ちます)

【便潜血検査】

大腸がんの精密検査が必要な人を選び出す有効で負担の少ない検査で、制限もなく簡単に受けられます。免疫学的な反応で便中の微量の出血を調べます。

【直腸指診】

肛門から直腸内に指を挿入して、指の感触でしこりや異常の有無を調べます。
肛門に近い直腸に発生したがんやポリープなどがわかることがあります。

【注腸造影検査】

肛門からバリウムと空気を流し込んでX線写真を撮影し、大腸の形の変化から病変を診断する方法で、がんの位置や大きさなどが分かります。

【大腸内視鏡検査】

内視鏡を肛門から挿入して、直腸から盲腸までの全大腸を内側から観察します。

【腫瘍マーカー(血液検査)】

がんが存在すると、血液中の腫瘍マーカーが異常値を示します。一般に、大腸がんではCEAとCA19-9というマーカーが用いられています。しかし、早期がんで異常値を示すことは少なく、一般的に進行がんで異常値になります。また、進行がんであっても異常を示さない人も一定の割合で存在し、また正常な人でも少し高めの異常値を示すことがあるので注意が必要です。

大腸がんの治療法

大腸がんの治療法はステージ(病期)に基づいて決まります。大腸がんの治療には内視鏡治療、手術治療などがあり、ステージにより選択されます。
進行度によっては、抗がん剤治療や放射線治療が優先される場合もあります。

【内視鏡治療】

原則的にはリンパ節転移がない、腫瘍が一度の切除ですべて取り切れる大きさであることが治療の対象です。粘膜内、粘膜下層に軽度浸潤癌腫瘍の大きさが20㎜未満が原則的な条件となります。

【外科的治療】

原則的には内視鏡的治療が不可能である腫瘍が対象になります。癌を中心とした範囲の腸を約30㎝ほど切除します。また周囲のリンパ節も切除し、腸をつなぎます。


・開腹手術

腹部を切開し、直視下で行う方法です。傷の大きさは病変の大きさや発生部位によりかわりますが、以前より行われてきた方法であり、比較的安定して行える反面、出血が多くなりやすいこと、術後の傷の痛みが大きいことがデメリットとされています。


・腹腔鏡手術

お腹の中を二酸化炭素で充満させ、作業空間を作ります。そこに、カメラのついた細長いスコープを挿入しテレビモニターを見ながら手術を行います。細い道具を繊細に使うことでより細かい作業が可能になると供に、傷口が小さいことによる術後の痛みの軽減、また合併症を相対的に少なくすることで早い時期からの社会復帰が可能となることがメリットとされています。

しかし開腹手術と比較するとやや時間がかかること、また癌の浸潤や周りの臓器の状況によっては開腹手術へ変わってしまうことがデメリットとされています。

当院では、肛門疾患の場合でも、外来にてS状結腸までの内視鏡検査を行っており、大腸がんおよび大腸ポリープの早期発見に努めております。
さらに、開腹手術とともに腹腔鏡手術にも力を入れております。

大腸がんの治療法

その他の大腸疾患

【クローン病】

クローン病は慢性の炎症性腸疾患のひとつです。
症状としては、腹痛や下痢、発熱などで、原因は分かっていません。遺伝的な要因や、食事などの生活習慣が関係していると考えられています。

クローン病の発症は、10~20代の若い方に多く見られ、男性の方が女性よりも多い傾向にあります。口から肛門まで、すべての消化管に潰瘍や線維化が起こり、腸の壁に穴が開くこともあります。自覚症状としては腹痛や慢性の下痢ですが、それに伴って体重が減少していくこともあり、他にも口内炎や関節炎が生じたりします。

クローン病の疑いがある場合には、内視鏡検査や血液・便の検査を行います。

【潰瘍性大腸炎】

潰瘍性大腸炎も、クローン病と同じく慢性の炎症性腸疾患のひとつであり、原因は分かっていません。
発症年齢はクローン病と異なり、幅広い世代に見られます。男女差もありません。
直腸から炎症が起こり、大腸の表面粘膜に炎症が広がります。自覚症状としては下痢や発熱のほか、クローン病より血便が多くなります。
内視鏡検査や血液・便の検査によって診断しますが、炎症が酷い場合には腸の奥までカメラを入れることが難しいため、CTを撮影する場合もあります。

【大腸憩室】

大腸憩室とは、大腸の一部が正常の輪郭を超えて嚢状に突出したものです。

検査で偶然発見されることも多く、頻度は年齢とともに増加します。憩室の数はさまざまですが、たとえ憩室がたくさん出来ていても、症状がなければ治療は必要ありません。多くは無症状ですが、憩室に炎症が起こると腹痛や出血などの症状が出ることがあります。

原因は食生活と密接な関係があると考えられており、特に

  • 食生活の欧米化
  • 食物繊維の摂取量減少

が要因と言われています。

肉食中心の人は大腸の左側に、白米やパスタ等を多く食べている人は右側に多くできる傾向があります。

【過敏性腸症候群】

さまざまな検査を行っても炎症や潰瘍などの疾患が見つからないにもかかわらず下痢や便秘、腹痛、膨満感など下腹部の不快な症状が持続します。

過敏性腸症候群は30~40歳代に多く、男女比ではやや女性に多くみられます。
男性は慢性的に下痢を繰り返す「下痢型」、女性は慢性的な便秘を呈する「便秘型」が多いとされます 。

発症の原因について詳しくは分かっていませんが、ストレスや生活習慣など複数の要因が重なって起こると考えられています。

 「生活習慣の改善」・「精神療法」・「薬物療法」が治療の三原則ですが、なかでも最も重要なのが「食事療法」です。
「下痢型」と「便秘型」では治療に適した食事内容が異なるため、症状に合わせて行うことが大切です。